Management

Athlete

松中 信彦マツナカ ノブヒコ業務提携

Profile

元プロ野球選手
松中 信彦(まつなか のぶひこ)
生年月日:1973年12月26日
出身地 :熊本県八代市
身長 :183㎝
体重 :97㎏
所属 :千葉ロッテマリーンズ 臨時打撃コーチ
    日本ハンドボールリーグ機構 アンバサダー(親善大使)

小学4年生時に地元の小学校野球クラブに入団し野球を始める。八代一高を経て千葉県君津市に本拠を置き、日本野球連盟所属の社会人チームの新日鐵君津(現:日本製鉄かずさマジック)に入社。1996年にはアトランタオリンピック野球日本代表に選出され、全日本の4番を担う。決勝の対キューバ戦では同点満塁本塁打を放つなど、銀メダル獲得に貢献し一躍注目を浴びる。オリンピック出場後のドラフト会議では、当時存在していた逆指名制度を通じて、福岡ダイエーホークス(現:福岡ソフトバンクホークス)から2位で指名され外野手として入団した。入団3年目の1999年からレギュラーに定着し、同年ダイエー初のリーグ制覇と日本一に貢献。2003年から2005年にかけては正に飛ぶ鳥を落とす打撃成績を残し、NPB史上初の3年連続120打点以上を達成したほか、2004年には平成唯一の三冠王(史上7人目)を達成したばかりか、打撃部門で三冠王(本塁打、打点、打率)を含む五冠(最多安打、最高出塁率)を達成した。2006年には第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表に選出され、同大会では打率.433を記録し、日本の優勝に貢献。その後、怪我やチーム事情等もあり出場機会が減少するものの、打撃を活かした切り札としてチームに貢献。2015年にホークス一筋19年間の選手生活から惜しまれながら引退。
引退後、野球界への恩返しとして、四国独立リーグ「香川オリーブガイナーズ」のGM兼総監督に就任。現在はNPB「千葉ロッテマリーンズ」の臨時打撃コーチとして、野球の普及活動及び選手の育成等に力を注いでいる。また、2020年8月より日本ハンドボール機構のアンバサダー(親善大使)も務め、野球以外の分野でも活動を広げている。

Casting & Event request 出演依頼・制作依頼はこちらから